FC2ブログ

気まグレちょい釣り日誌

紀南の地磯を中心に近場の海で魚と遊んでいます
2020 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312020 11

[ 2020/09/20 ] 磯釣り42~伊古木地磯にて

9月19日(土)
前回の撃沈に今シーズンの夜釣りは終了しようかと思っていましたが
やっぱり「行きたいかなぁ~」ってなコトで仕事を終えて出動しました 
気分を変えたかったので白浜千畳敷に立ち寄って周囲を一望
白浜大崎には誰もいなかったのですが、意外に強風で・・・
夜釣りでこの強い風だと少し危険かなぁ~ と、感じるほどです 
で、仕方なくいつもの場所を向かうと すでに先客が竿出していたので
同じ伊古木地磯ですが、小石の鼻手前の磯へ降りていきました

PM 7:15  中潮  満潮 19:10  伊古木地磯
秋を感じさせる涼しい風が吹いています
すっかり日も暮れてしまった暗い中での仕掛けづくりは時間がかかります 
マキエを撒いて仕掛けを投入すると 少しだけ潮は流れている様子
しばらくするとエサが取られだして20分後 
それなりに引く魚が釣れたので抜き上げるとフエダイ(30㎝未満)
P9190002.jpg 
なんか本命(イサギ)を期待させるような魚が釣れます
しかし、続いて掛かってきたのはハタンポ (-_-;)
次に掛かってきたのはアカマツカサ、その次はテリエビス 
「なんだ、なんだ、五目釣りに来たんじゃ~ねえぞ~」
そう思いつつも前回のようにハタンポオンリーよりはマシでしょうか
その1時間後に強烈な引き応えと重量感が・・・
P9190003.jpg 
35㎝のタマミ(フエフキダイ)で5種目達成です(笑)
これだけ多種類の魚がやってくるのに本命が掛かってこないとは
う~ん やはりイサギのシーズン(最盛期)は過ぎてしまったのか
ハタンポは時折りやってきて たまに強い引き応えはイズスミ
P9190004.jpg 
コイツも35㎝前後なので3号ハリスで十分抜き上げ可能です
潮の流れは1時間ごとに左右が入れ替わりアテ気味になったり払い出したり
フラフラとして一定方向には流れてくれません
9時を過ぎた頃からは風も強くなってきて波気の方も出てきました
なんとか1匹でもいいから本命が釣れてほしいと願いながら棚を変えハリを変え
粘りながら10時過ぎ ウキが入ったのでアワセるとクロホシフエダイ(30㎝未満)
P9190005.jpg 
まぁ~こんな日だったのでしょうねぇ~ 本命無しで PM 22:40 納竿です
行きも帰りもライトを照らしながらの釣りは さすがに疲れてきました
日中の気温も下がってきたので昼の釣り(まずはイガミ狙い)に切り替えましょうか!

関連記事
にほんブログ村 釣りブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理者紹介

Author:なすびん
・・・・・
196X年10月生まれ

和歌山県の田辺市発~ 
海のエサ釣りがメイン
近場の地磯を中心に
半径50Km内で行動中
釣り技術の向上は諦めて
運を頼みに釣果を求める
平凡な釣行記録です

時々思ったことも記述してます

最新トラックバック
ご訪問感謝!
検索フォーム
QRコード
QRコード