FC2ブログ

気まグレちょい釣り日誌

紀南の地磯を中心に近場の海で魚と遊んでいます
2018 081234567891011121314151617181920212223242526272829302018 10

[ 2017/09/03 ] 磯釣り44~口和深で撃沈再び

9月2日(土)
久しぶりに土曜・日曜の連休です
台風の影響で海が荒れていると思いますがイサギ狙いで夜釣りの準備
PM 15:00 少し早い時間に釣友のハオさんと待ち合わせて南下します
まずは口和深の名切崎に到着すると誰もいません
ウネリが高くてなかなか厳しそうにみえますが、高場ではやれそう
次に見老津のオオハエに行って上から様子を見ると磯際は無理っぽい感じ
まだ夕方まで時間があるので周参見や伊古木の地磯を回りながら・・・
全体的に波が高くて一部を除き釣り人の姿も見当たりませんねぇ~
迷いながらも結局、最初に行った口和深に戻ることにしました

PM 17:00  中潮  満潮16:26 干潮22:01 口和深 名切崎
1792.jpg 
真ん中の高場は大丈夫だと思いますが、釣り場は限定されます
これから干潮に向かうし、台風も遠ざかっていくので波は治まるかも?
ポジティブ思考で釣り座に向かって降りていくものの途中の低い場所が問題
時折りやってくる大きなウネリが磯を超えてくるので行く手がさえぎられます
なんとかタイミングを見計らって無事到着
早速マキエを撒くと木っ端グレやオヤビッチャなどのエサ取りが湧いて出てきます
ボイルの刺し餌でも瞬殺されるので暗くなるまで待った方がイイかもしれません
軽く食事をして時間をつぶすことにしました

PM 18:30 電気ウキを点灯して いよいよ本番開始です
足元のサラシにマキエを撒いて先のヨレを狙いましたが、最初に釣れたのはハタンポ
夕方の木っ端グレがハタンポに入れ替わったように湧いています
ハオさんもハタンポに苦しめられていてお互い我慢の釣りが続きます
これだけ海が荒れていて魚の活性が高いならイサギが回ってきてもいいはずなのに
エサ取りの活性は高くても本命の気配が全くありません(月が悪いのかなぁ~)
やや遠投ぎみで流していると掛かってくるのはキット(小さいイズスミ)(-_-;)
キットとハタンポのダブル攻撃に段々と疲れが出てきました
さらに最悪なことに治まってくると勝手に予想していたウネリが増してきています
干潮時間帯になったのに通ってきた低い場所が何度も被っていて帰れそうにない
そして釣りをしていた高場でも足元近くまで波が押し寄せてきて・・・後退り
ついにはバッカンが流されそうになってマキエが無くなってしまった 
と、いうことで危険なうえに釣れそうもないので PM 21:45 納竿です
連続の撃沈に凹んでしまいますが、今回ばかりは仕方ない部分も・・・
帰りは裏手の崖を垂らしたロープを頼りに戻ることが出来ました 
そろそろイサギ狙いも終了なんでしょうか? もう1回いい思いをしたいなぁ~
関連記事
にほんブログ村 釣りブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理者紹介

Author:なすびん
・・・・・
196X年10月生まれ

和歌山県の田辺市発~ 
海のエサ釣りがメイン
近場の地磯を中心に
半径50Km内で行動中
釣り技術の向上は諦めて
運を頼みに釣果を求める
平凡な釣行記録です

時々思ったことも記述してます

最新トラックバック
ご訪問感謝!
検索フォーム
QRコード
QRコード