気まグレちょい釣り日誌

紀南の地磯を中心に近場の海で魚と遊んでいます
2018 051234567891011121314151617181920212223242526272829302018 07

[ 2017/07/16 ] 磯釣り34~時合いは遅かった

7月15日(土)
昼頃に釣友のハオさんから「行ってるわ」のメール 
で、仕事を終えて早速 合流地に向かいます 
PM 19:00  小潮  満潮 22:17  伊古木地磯
CIMG1008.jpg 
先客はハオさんだけだったので余裕の場所選び
向かいの伊古木大島丸島などの沖磯にも釣り人の姿が見えます
マキエを撒くとエサ取りが乱舞しているので暗くなるのを待った方が良さそうですね
20時を過ぎた頃からエサ取りも少なくなって釣りやすくなってきました
多少のウネリもあって雰囲気はイイのでそのうち釣れるだろうと楽観視していました
しかし、気合十分で仕掛けを流しますが、ウキに反応はありません
刺し餌は取られているので魚がいるのは間違いないと思いますが、厳しいです 

そんなこんなで21時を回った頃にやっとハタンポを掛けましたが、それっきり
渡船が釣り人を回収して帰港したくらいに「釣れない疲れ」が出はじめます 
前回に引き続きボウズで帰るのか?
嫌な予感をが頭をよぎりはじめた PM 22:40 ウキが深く入ります
「おっ!」この引き応えは本命でしょう 
ところが、抜き上げてつかもうとした時に痛恨のハリ外れ 
この状況で このミスは痛すぎる~~ が、その10分後にハオさんが本命GET!
やっと時合いがやってきたのか、棚情報を交換しながら流していると・・・

ギュイ~~~~ン めちゃ、持っていく~

釣り場を出来るだけ荒らさないように端まで移動してやり取り
唇の皮1枚で取り込むことが出来ましたが、疲れたなぁ~
CIMG1010.jpg 
60㎝を超える太ったイズスミに遊んでもらいました (ホントは嫌だけど)
しばらくするとハオさんがまたもや本命GET! う~ん オイラも早く釣りたい!

さて、日付が変わる時間帯に入ろうとしています
マキエの方も残り少なくなってそろそろ終了か?と、その時にウキが入ります

グイ~~ン  今度こそキチンと仕留めないと

慎重に抜き上げたイサギは30㎝弱ですが、やっとお土産確保できました
CIMG1012.jpg 
独りなら諦めて帰ってしまう時間なので 少し遅すぎんじゃ~ねぇ~の?
わずかなマキエに集魚剤を追加して この時合いに勝負をかけます
基本的に食いは渋いのか、早合わせだと素バリを引くだけ
ウキが深く入ってハリを飲み込ますつもりで合わせるのが 丁度イイ
ハオさんも暴君とのやり取りを楽しみ?ながら本命を追加し
エサが無くなったところで AM 0:40 納竿です
結果的には なすびん3匹(30㎝前後)ハオさん4匹
CIMG1015.jpg  
もう少し早い時間に釣れていれば、数を増やせたのではないでしょうか
まぁ~ボウズじゃなかっただけで納得しましょうか!
関連記事
にほんブログ村 釣りブログへ
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

管理者紹介

Author:なすびん
・・・・・
196X年10月生まれ

和歌山県の田辺市発~ 
海のエサ釣りがメイン
近場の地磯を中心に
半径50Km内で行動中
釣り技術の向上は諦めて
運を頼みに釣果を求める
平凡な釣行記録です

時々思ったことも記述してます

最新トラックバック
ご訪問感謝!
検索フォーム
QRコード
QRコード