FC2ブログ

気まグレちょい釣り日誌

紀南の地磯を中心に近場の海で魚と遊んでいます
2018 09123456789101112131415161718192021222324252627282930312018 11

[ 2018/10/19 ] 修理と買い替え

先日の釣行で竿の穂先が折れたので修理に行きました
まぁ~折れたといってもTOPガイドの長さの分だけ
はじめはガイドが取れただけだと思ったくらいの軽傷です
なので折れた箇所に合うガイドをはめ込むだけ
「チタンガイドにしますか?それとも・・・」「安いガイドで良いです
旧モデルのシマノ「ラディックス3号」なので穂先はIMガイドでしたが
そんなに高級品(1,000円程度高くなる)に対してのこだわりはありません
と、いうことで400円程度で修理完了
太さ1.2㎜もあるチューブラー穂先でも折れることがあるんですねぇ~

その日はタマ枠も折れてしまってたので購入しました
PA190003.jpg
コチラの方も大手釣り具メーカーの枠も考えましたが、前回と同じ廉価品を購入
PA190005.jpg 
ダイワのステンレス製タマ枠と比べると1/3以下の値段(1,500円程度)です
使い方にもよるのでしょうが、2~3年持ってくれたら十分じゃ~ないでしょうか
チタン製やジェラルミン製などは見てるだけですねぇ~(笑)

ひとまず前回のトラブルは解決しました
週末は良い天気の予報なので釣り人も多そう
何を狙いに行くかは 枠にタマ網を通しながら考えるとしましょう
にほんブログ村 釣りブログへ

[ 2018/10/17 ] 磯釣り45~そろそろイガミ釣りも

10月に入って2回目の休みが取れました
今後は仕事の方も落ち着きそうなので いつも通り休めそうです 
で、天気も良いのでイガミ釣りに出動しいつもの磯に向かいました
AM 8:00  小潮  満潮 13:00  椿地磯イセザキ
PA170004.jpg 
予想よりも少しウネリはありますが、問題はありません
早速準備して冷凍ホンダワラで仕掛けを投入、アタリを待ちます
・・・ そして、待ちくたびれました (-_-;)
先客のズボ釣りの方は竿を曲げているので魚はいると思いますが
オイラの仕掛けには全く反応してくれません
その方が早め(10時前)に納竿して帰っていったので
後に入ろうと思ったらフカセ釣りの方に先を越されてしまった
さらに この場所で続けていると正午には満潮で帰れなくなりそうなので
ここは諦めて隣の磯へ向かうことにしました
先客は2名ですが、場所は十分あるので AM 10:00 テダカで竿出しです
PA170007.jpg 
少し北西の風が強くなってきて釣り辛いですねぇ~ 
波気が出てくるとグレ釣りの方が面白そうに思えます
しかし、場所を移動したのが正解だったのかウキに反応がでたのでアワセ!
少し小振り(30㎝弱)ですが、待望の1匹目をGET!です (^^)/
PA170005.jpg 
時合いなのか、ポイントがハマったのか、続けて2匹目をGET!(30㎝オーバー)
よ~し、この調子が続いてくれよなぁ~
ってなことを考えるとアタリが止まってしまうのは何故だろう?
風はさらに強くなってサラシの方も強くなってきます
ラインが沈み根に取られてウキを失いそうだったのをウキパラソルで無事回収 
その間にタマ枠が折れたり、トップガイドが外れたりしてトラブルが連発
そういった状況なので終了しようかと思っていた時に再びウキが入っていきます

グ~~~ン   竿先の真下くらいだったので引き応え十分

PA170009.jpg
40㎝のイガミを釣り上げて AM 11:40 納竿にしました
なんとか釣果を上げることは出来ましたが、イガミ狙いもそろそろでしょうか
ホンダワラもしばらくは入荷がないようですし、フカセ釣りの準備ですね
PA170010.jpg

にほんブログ村 釣りブログへ

[ 2018/10/08 ] 磯釣り44~椿でイガミ狙い

9月26日以降 仕事の方が忙しくてまともに休めてなかったのですが
やっと本日はゆっくりと休みを取ることが出来ました
当然釣りに行くのも久しぶり
ただ週末ごとに台風がやってきてたので どっちにしても行けてなかったかも
途中で冷凍のホンダワラを購入して向かった先は椿の地磯です
AM 10:00  大潮  干潮 11:09  椿地磯イセザキ
PA080002.jpg
台風25号の影響がまだ残っているのでしょうか、思ったよりもウネリがあります
各ポイントには先客が入っていますが、空いている場所もあるので早速準備
仕掛けを投入してアタリを待ちます
イガミなら居ればすぐに食ってくると思うのですが、なかなかウキが入らない
やはり冷凍のホンダワラだと食いが渋いのだろうか?
しかし、20分後にウキがピクンと反応した後に深く入っていきます

グ~~ン
 モゾモゾとした引き応え

PA080004.jpg 
開始1時間以内にお土産確保で気が楽になりました 
この調子で次々とアタリがあれば面白かったのでしょうが、続きません
潮の流れはアテ潮でウキは手前に寄ってきます 
沖向きに払い出すような流れになればチャンスは広がりそうなので
満潮に向かう時間帯に流れが変わることを期待して待ち続けていると
AM 11:30 にウキが突然消し込みました

グ~~~ン グ~~~ン と、引き応えも十分

ちょっと抜き上げは厳しそうなのでタマ入れで確保です
PA080005.jpg 
イガミ(ブダイ)も40㎝近くになると竿が曲がりますねぇ~ 
潮の流れは相変わらずアテ潮気味で アタリの方も続かない
昼前になると風の方も強くなってきてウネリも強くなってきました 
このまま粘り続けるか、それともエサを殆ど残して次回に使うか迷いながら
イガミ釣りには不向きな荒れ方になってきたので2時間半の短い時間で切り上げです
PM 12:40 に納竿したので体を休めることにしましょう
そろそろ秋磯の雰囲気が漂ってきたのでグレの準備も始めようかなぁ~
にほんブログ村 釣りブログへ

[ 2018/09/26 ] イカ釣り12~イカ以外にやられる

9月25日(火)
10月の前半は休みが少なくなる(予定)ので9月後半で帳尻を合しています
で、26日(水)に休みを取っていたので前回のリベンジマッチに出動
先日の天神崎でもアタリはあったのですが、実績の高い場所で仕留めたい!
満月パワーに期待して仕事を終えイカ釣りに向かったのは富田地磯です
PM 19:45  大潮  満潮 18:13  富田地磯 対が浦
メズロノ鼻には先客が見えたので反対側の地磯へ
まだ潮が満ちていて歩きにくいけど なんとかたどり着きスタンバイ
期待の満月は少し薄曇りでぼやけていましたが、問題はないでしょう
P9250005.jpg 
開始から1時間が経過・・・ 「何も来ないなぁ~」とダラけているとドラグが逆転 

ジーーーーーーーーーーーーーィ  道糸が出続けています

どう考えてもイカじゃ~ない! 強制的にスプールを止めるとプツッと切れました
サメだろうか?連続してやられたので凹んできます 
それでも2時間後にイカらしきアタリ? いや、イカのアタリです

グ~~~ン グ~~~ン  独特の引き方

なんとか取り込みたいのですが、かなり浅場へ逃げていく様子なので焦ってきます
エサのアジも小さいので あまり待ちすぎると食べられ切ってしまう
早めのヤエン投入となりましたが、すぐに離されてGET出来ずにまたも凹むなぁ~ 
そして3度目のラインブレイクで手持ちのアジを使い果たし PM 22:40 納竿
連続の撃沈となりました 
アタリはあるのに ものに出来ないもどかしさ
週末には台風24号も本州周辺を通過しそうなので しばらく磯釣りはおあずけかも にほんブログ村 釣りブログへ

[ 2018/09/24 ] 磯釣り43~早々に撤収

連休の2日目
昨日はイガミのアタリが少なかったためホンダワラが残っています
と、いうことなので・・・
早朝から用事を済ませてから潮変わりをはさむ時間帯を狙って出動しました
何処にしようかと迷いつつも とりあえず昨日と同じ磯へ
到着すると遅い時間だというのに車は2台しか止まっていません
釣り座も空いているようなので降りて行きました
が、磯について周囲を見渡すと予想以上に波が高い 
ゆっくり出来そうなポイントは限られています
で、結局同じ場所から竿出しすることにしました
AM 10:20  大潮  干潮 11:28  椿地磯
180924.jpg  
早速準備して仕掛けを投入
サラシや潮の流れで どうもウキが安定していません
マキエを撒いてもエサ取りが集まってくる様子もなく
厳しそうな状況は すぐに察することが出来ます
もしかすると先客たちは諦めて帰ってしまったのかもしれない
それでもエサが取られるようなら粘るつもりでいましたが
ウネリは高くなってきて時折り後退りするほど
状況は悪くなる一方なのでヤル気が失せてきますなぁ~ 
P9240011.jpg
グレ釣りなら この荒れ方はチャンスかもしれませんがイガミ釣りには不向きです
そんな感じなので開始から1時間程で PM 11:30 納竿としました
週末の天気は怪しく10月に入ると仕事も忙しくなるので釣行機会が減りそう
なんだか今年の海はやさしくないですねぇ~ にほんブログ村 釣りブログへ
管理者紹介

Author:なすびん
・・・・・
196X年10月生まれ

和歌山県の田辺市発~ 
海のエサ釣りがメイン
近場の地磯を中心に
半径50Km内で行動中
釣り技術の向上は諦めて
運を頼みに釣果を求める
平凡な釣行記録です

時々思ったことも記述してます

最新トラックバック
ご訪問感謝!
検索フォーム
QRコード
QRコード